前月昨日2018年 2月 24日(土)明日翌月

年間表示 月表示週表示予定一覧表示

予定なし

[当日は電話予約にてお問い合わせください。] 20:00 【Charito Live】 Charito/vo  福田重男/pf  中村健吾/b  海野俊輔/dr>[当日は電話予約にてお問い合わせください。] 20:00 【Charito Live】 Charito/vo 福田重男/pf 中村健吾/b 海野俊輔/dr

 

開場 18:30 ~ / 開演 20:00 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,800 / 当日¥4,000
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 

MEMBER

Charito/vo

福田重男/pf

中村健吾/b

海野俊輔/dr

 
 
 
 

 CHARITO BIO (チャリートプロフィール 

 One of the most prominent jazz vocalists in Japan, Charito has achieved global recognition with her voice, expression, and musical artistry. Her albums “Non Stop to Brazil” (2004) and “Nica„s Dream” (2006) featured acclaimed works with Ivan Lins and the Manhattan Jazz Orchestra, respectively. Both albums have been awarded the grand prize in the Vocal category of the Jazz Disc Awards as hosted by the prestigious Japanese jazz magazine Swing Journal. She also released the albums “Watch What Happens” (2008) in special collaboration with French movie maestro Michel Legrand and “Heal The World - Charito sings Michael Jackson” 2010, a collaboration with producer Harvey Mason and ”Affair To Remember" (2012), a collection of timeless love ballads. Her latest album American GOLD Standards with super trio Tamir Hendelman, Jeff Clayton and John Hamilton was released in October 2016. Aside from her professional and successful music career, Charito acts as the founder of nonprofit group, Because We Care, that is dedicated in spearheading and supporting various charity works focused on creating a better future for children in need in both Japan the Philippines. In 2012, she founded the Tokyo-Manila Jazz and Arts Festival (TMJAF) – the biggest assembly of Japanese and Filipino jazz artists to celebrate 80 years of music and cultural connections. Now on its 5th year, TMJAF continues to contribute to young musicians education and international cultural exchange through music in both countries. 

 
日本のジャズ界にあって最も卓越したジャズヴォーカリスト。その歌唱力と表現力、そして芸術性はグローバルな存在とし て定着している。ブラジル音楽界の巨匠、イヴァン・リンスとの『ノン・ストップ・トゥ・ブラジル』(2004 年)、世界最強のビッグバンド、マンハ ッタン・ジャズ・オーケストラとの『ニカズ・ドリーム』(2006年)はいずれもスイングジャーナル誌の主催のジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞を受賞。2008年にはフランス映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグランとの『ウォッチ・ホワット・ハプ ンズ』をリリース。20107月には、ハーヴィー・メイソンのプロデュースによる『ヒール・ザ・ワールド~チャリートマイケル・ジャクソンを歌う~』、20121212日に、タイムレスなラブ・バラードCDAffair to Remember・めぐり逢い」をリリース。また本年10月に、スーパートリオ、タミール・ヘンデルマン(p)、ジョン・ クレイトン(b)、ジェフ・ハミルトン(ds)と制作した 15 枚目のアルバム「American Gold StandardsCharito meets Tamir Hendelman~」を発表。その一方で、非営利団体ビコーズウィケアを設立。音楽を通して日本とフィリピンの未来を担う子どもたちのために積極的なチャリティ活動を展開。2012年には、東京-マニラ ジャズ&アーツ フェスティバル(TMJAF)を開催日本とフィリピンのジャズアーティストを中心に、さらなる国際・文化交流目指し、東京とマニラで、順次開催中。今年5年目を迎えるこのフェスは、いまも国境を越えて、若手音楽家、そして国際文化交流に貢献している。  

CHARITO

 

Shigeo Fukuda 福田重男 (piano)

 http://shigeofukuda.cool.coocan.jp/index.html

 

Kengo Nakamura 中村健吾(bass)

http://kengonakamura.com/

Shunsuke Umino 海野 俊輔 (drums)

  http://umishun.com/

 


 
  年       <今日>

COPYRIGHT c 2016 KEYSTONE CLUB TOKYO. ALL RIGHTS RESERVED.