LIVE


 

開場 18:30 ~ / 開演 20:00 ~

会場:キーストンクラブ東京

MUSIC CHARGE:予約・当日¥3,500 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願い致しております。

 

MEMBER

 

加納奈実(As)

ユキ  アリマサ(P)

佐藤慎一(B)

江藤良人(D)


HP : http://www.s-mukai.com/

【向井滋春】
1949年1月21日名古屋生まれ。
熱田高校入学時にトロンボーンを始める。同志社大学入学と同時にサードハードオーケストラに所属。2年からモダンジャズグループにも参加。
1971年上京。大友義男グループ、川崎遼グループで活躍。
1975年新宿ジャズ賞受賞。
1976年にデビューアルバム「For My Little Bird」をリリース。それから年に1枚ずつレコードをリリースして行った。
1979年には短期間だがNYに住んで本場のジャズ界を体験。しかしこの時期はフュージョン全盛期で帰国後フュージョン系バンドを作った。
1980年にはSteve Gad等と「Pleasure」をNYで録音してリリース。(この時だけトロンボーンはBACH 12を使用。他は全部KINGである)
1982年にはAstrud Gilbertoをフューチャーしたブラジリアンテイストの「So & So」をNY録音してリリース。
80年代には渡辺香津美キリンバンド、松岡直也ウィッシングにも参加。1980年代後半には巨匠Elvin Jones のバンド「Japanese Jazz Machine」に参加して2,3年間日本中を旅した。彼との共演は物凄いショッキングだった。ジャズの奥深さ、難しさ、楽しさをとことん教えられて、再び純ジャズにのめり込んだ。 板橋文夫、古野光昭、古沢良治郎と「Hot Session」を結成し、レコードも2枚リリース。これまでに香港、マカオ、ベルリンジャズフェス、ドナウエッシンゲンジャズフェスに 
出演。
1990年にはモスクワと他の都市で演奏。
1991年ライブ盤「On the Wing」をリリース。
1989~93まで毎夏Mt.Fuji Jazz Festival に出演。
1992年には山下洋輔グループでブラジル、アルゼンチン、パラグアイを楽旅。その後ジョージ川口バンドで北京、上海で演奏。   八向山(八尋トモヒロ、向井、山下洋輔)でパリ、ケルンで公演。
1998年 プロ野球オールスター戦(名古屋ドーム)で「君が代」をソロ演奏した。 
1999年に久々のNY録音「Stance」を発表、これは村田陽一プロデュースでBilley Hart, Nicholas Paton等が参加している。
2000年に入ってからは 4管(Tp As Ts Tb)プラス3リズムのバンド「Super 4 Brass」をリリース。(全曲向井のアレンジ)この年にチェロを始める。
2002年 「八向山」
2003年 「Super 4 Trombones」、ライブ盤「Live at Body&Soul」(CDとDVD)
2004年 「Jazz Strings」(全曲向井のアレンジ、Tb+弦楽四重奏+3リズム)
2008 「Plays Standards」ワンホーンカルテットに原朋直(Tp)池田篤(As)道下和彦(G)が2曲ずつ参加。
2011年 初めて他の人をプロデュースした。小島伸子(Vo)のデビューCD「Stretch Over」をリリース。
洗足学園音楽大学ジャズ科発足以来客員教授をし、2012年度からは講師も兼任する。

 


開始時間 20時00分
予約締切時間 2016-11-22 0:30

当日は電話予約にてお問い合わせください。