[当日は電話予約にてお問い合わせください。] 2017-01-28 (土)   OBATALA SEGUNDO First Live at Keystone Club
LIVE

 

 
開場 18:30 ~ / 開演 20:00 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,500 / 当日¥4,000 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願い致しております。
 
MEMBER

OBATALA SEGUNDO オバタラ・セグンド

中路英明(tb)

鈴木よしひさ(g)

伊藤志宏(p)

コモブチキイチロウ(b)

大儀見元(perc)

岡本健太(ds-tim)

 

 

 

元オルケスタ・デラルス、現在熱帯JAZZ楽団やサルサスインゴサで活躍中のトロンボーン奏者中路英明が、

1997年からオバタラ(アフリカを起源としカリブ海地域のラテン社会で信仰されている多神教サンテリアの

神の一人)という名前で活動を始めたラテンジャズバンド。

メンバーチェンジに伴い2007年よりオバタラ・セグンド(第二期オバタラ)に改名。

現メンバーはギター・鈴木よしひさ、ピアノ・伊藤志宏、ベース・コモブチキイチロウ、パーカッション・

大儀見元、ドラム&ティンバレス・岡本健太、と現代日本の音楽シーンになくてはならないオールスター

キャストである。

レパートリーは熱帯JAZZ楽団やサルサスインゴサでも定評のある中路のオリジナルを中心に、メンバーの

オリジナルや有名ラテンナンバーのカバー等。

近年はラテンリズムに他ジャンルをミックスさせたコンテンポラリーな演奏形態となっており、トロンボー

ンとギターのユニゾンによるサウンドが特徴。

今が最も旬な超絶メンバーによるインタープレイは従来のラテンバンドのイメージを大きく覆すほど斬新、

 

圧倒的な興奮と感動を呼ぶ。


開始時間 20時00分
予約締切時間 2017-1-28 0:30