LIVE

 
開場 18:30 ~ / 開演 19:30 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,000 / 当日¥3,500 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 

MEMBER

岸本美咲Quartet

 

岸本美咲(as)

ぱくよんせ(p)

大澤拓海(b)

柳沼佑育(ds)

 

岸本美咲

1996年兵庫県出身。 小学3年生でアルトサックスを手にし、小学5年生でジャズを始める。 中学生になってからは関西のライブハウスや音楽イベントでライブ活動を開始。 高校に入り、アロージャズオーケストラのリーダー宗清洋氏にジャズ理論を師事。 高校3年生のときに関ジャニ∞「オモイダマ管楽器隊」に選ばれ、レコーディング、PV撮影、ミュージックステーション、紅白歌合戦で演奏する。 その際に指導を受けたマルチホーンプレイヤーYOKAN氏には現在も指導を受けている。 2015年大阪音楽大学音楽学部ジャズ専攻に特待生で入学。 ジャズサックスを河村英樹氏に師事。 音楽活動以外にも、豊中えびす福娘代表、ミス道頓堀グランプリ、テレビ大阪天神祭うちわ娘、神戸電鉄親善大使、愛染娘などにも選出され、サロンモデルなどのモデル業にも取り組んでいる。 現在は学業と両立しながらライブ活動を行っている。

 

Instagram

https://www.instagram.com/misaki_altosax/

 

Twitter

https://mobile.twitter.com/misakialtosax

 

 

ぱくよんせ

1981年生まれ。京都市出身。

6歳から児山厚子先生にクラシックピアノを習い始める。洛星高校入学と同時にオーケストラ部に入部。

コントラバスとヴァイオリンの演奏に熱中するとともに、クラシック音楽に傾倒する。

同志社大学入学と同時に軽音楽部に入部。ジャズに出会う。

以後独学で練習を続けジャズピアノの基礎を習得。

卒業後、大阪市立大学大学院進学を機に大阪での演奏活動を開始。

同時に同大学のジャズ研究会にて多くのジャズ愛好家に出会い、多大な影響を受ける。

2009年大学院退学と同時にプロに転向。関西地方のジャズクラブ等で演奏を開始。

その後ドラマー平山惠勇に認められ活動の幅を広げる。

2012年7月、短期間の渡米。トランぺッターMelvin Vines氏、James Zoller氏らとのセッションを経験。帰国後ギタリスト山口武のバンド「山口武&Cooldogs」に参加しFM大阪の「Cool Struttin'」に出演。好評を博す。

2014年12月、"With 9 Singers"をリリース。独自のアレンジと企画の斬新さで好評を博す。

2015年、拠点を東京都内にうつす。

現在、東京都を中心に日本全国で演奏を行っている。

圧倒的なテクニックと高い芸術性を併せ持ち、ピアノから美しく輝かしい音色を引き出す独特のタッチは比類ない。ベテラン、若手を問わず多くのミュージシャンから厚い信頼を得ており、今もっとも注目されているジャズピアニストの一人である。

これまでにこれまでにLewis Nash、Barbara Morrison、Greta Matassa、鈴木良雄、タローオカモト、山口武、平山惠勇、多田誠司、Geila Zilkha、竹中俊二、Gregg Lee、矢野沙織、Yucco Miller、Ema、真箏らの著名なミュージシャンと共演。 また、演歌歌手藤堂あきこのサポートや仲代奈緒の朗読劇『大切な人』の音楽を担当、ロックブルースシンガー山部善次郎バンドにも参加する等、活動の幅は広い。

韓国のインチョン、ソウルのミュージシャンたちで結成された「SE:UM」のプロジェクトにも参加。

『THE BREATH』においてはジャズと朝鮮半島の伝統楽器との融合を実現している。

レコーディング多数。 

小林岳五郎とともに出演した21seikiグループのCMは岩手広告賞テレビの部企画賞受賞。

 

 

大澤拓海

1993年埼玉県出身。

尚美学園大学ジャズ科卒業。在学中バリーハリスのワークショップに参加。ビバップの美しさに惹かれ研究する。

ジャズを増原巖、クラシックを田沢烈に師事。

三木俊雄、守屋純子、坪口昌恭に、ジャズハーモニー、アンサンブル面の指導を受ける。

 

 

柳沼佑育

1992年福島県出身。

2011年4月に尚美学園大学入学後、木村由紀夫氏に師事。

Philly Joe Jones等のジャズドラマーに影響を受け、ビバップ、ハードバップスタイルのドラムに特に傾倒する。在学時より、竹内亜里紗(pf)氏のバンドに参加し、アルトサックスの名手、澤田一範氏をはじめ、様々なミュージシャンとの共演を重ねる。同世代ミュージシャンとの共演も多く、卒業後は、2017年より日本を代表するジャズギタリスト、宮之上貴昭氏のグループに参加。現在、さまざまなバンドで都内を中心に活動している。

 
 


開始時間 19時30分
予約締切時間 2018-1-21 0:00

LIVE

 
開場 18:30 ~ / 開演 19:30 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,800 / 当日¥4,300 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 
MEMBER
赤崎真由美(Vo)グループ

青柳誠(P)納浩一(B)藤井学(Ds)
 
http://www.mayumiakasaki.com
https://www.facebook.com/Mayumi.Akasaki.Jazz?fref=ts
 
 
赤崎真由美

名古屋を拠点として活動を始め、個性的でハスキーなローヴォイスを持つジャズシンガーとして知られ、意欲的にジャズを探求する瞳とステージスタイルは、聴衆から圧倒的な支持を受けている。

 

その音楽性は、ジャズの本場米国ならではと生の直接指導を重視して、再三に渡って単身渡米したことに始まる。

そこではVocal Jazzの世界的に有名なアレンジャー、教育者であるMichelle Weir氏から発声の基礎から個人指導を受け、その他にもミシガン大学にてvocal improvisation、ルイビル大学にてJamey Aebersold Summer Jazz Workshop参加等、さらにコンボ、弦楽四重奏、ビッグバンドとの競演など、芸術向上に対する真摯な姿勢とオリジナリティが、ファンの広がりと深みをみせている。

 

一方で、CBCラジオのパーソナリティを務めた顔もある。

 

そして大阪、東京などのライブハウス出演の他、愛知芸術劇場、愛知芸術創造センターでの単独コンサート、ブルーノート名古屋出演3回、また東日本大震災で膨大な被害を出した宮城県石巻市の仮設住宅でのチャリティーコンサート、海外ではオーストラリア・ブリスベンにおける招待公演など、幅広くアクティブに活躍している。

 

 

 

Album

1stアルバム「エントランシング」(2005)

2ndアルバム「ハート・ストリングス」(2008)

3rdアルバム「SCARLET/ スカーレット」(2011)

現在、4th アルバムの創作に取組みつつあり、期待感上昇中!

​



Born in Japan.
Started her carrier after she has learned Jazz singing from Keiko Lee who is one of the most leading jazz singer in Japan.

She took a course of vocal improvisation at Western Michigan University in the U.S. and participated in Jamey Aebersold Summer Jazz Workshop in 2006.
Mayumi leads her own band called jazzMist which is formed from strings quartet,piano,bass,drums and has released 3 albums so far.
Performing in jazz clubs in Nagoya,Tokyo and Osaka, especially she made a great success singing at Bluenote Nagoya in 2011.
She’s going to have a show at Blue Note this Autumn,too.
Mayumi’s voice brings somewhat warmth, truthfulness and healing....


開始時間 19時30分
予約締切時間 2018-1-22 0:00

LIVE

 

 
開場 18:30 ~ / 開演 20:00 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,500 / 当日¥4,000 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願い致しております。
 

MEMBER

大野えり / vo

太田朱美 / fl

石田衛 / p

佐藤ハチ恭彦 / b

原大力 / ds

 

 

 

 

 

【大野えり】

名古屋出身。同志社大学卒。
学生時代よりライヴ活動を開始。山野BIGBANDコンテストで審査員特別賞を受賞。
1979年、日本コロムビアより“Touch My Mind”アルバムデビュー。
以後、Hank Jones率いるGreat Jazz Trio との共演盤を含め、8枚のアルバムをリリース。
その他、DJ.Krushのアルバムに参加、“ルパン3世”のエンディングテーマ、TVCM”真っ赤な太陽”等多岐に渡り活動。
抜群の歌唱力、温かなイントネーションで国内のみならず、海外のミュージシャンからも賞賛されている。
2006年、通算9枚目となるNY録音盤”Sweet Love”をリリース。
精力的にライヴ・コンサート活動を進めている。
YAMHA音楽教室でVocalの講師もつとめている。


開始時間 20時00分
予約締切時間 2018-1-23 0:30

ご予約はこちら

LIVE

 
開場 18:30 ~ / 開演 19:30 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,500 / 当日¥4,500 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 

MEMBER
鈴木良雄 (b) ハクエイ・キム (p)

 

 

鈴木良雄(ベース、作・編曲)

1946年長野県木曽福島生まれ。音楽家の両親と“鈴木メソッド”創始者の伯父鈴木鎮一の下、幼少の頃からバイオリン・ピアノに親しむ。

早稲田大学文学部卒。早大モダンジャズ研究会ではピアノを担当。卒業後渡辺貞夫に師事。彼の勧めもあってベースに転向。

1969
年~73年の間、渡辺貞夫、菊池雅章のグループで活躍。

73
年渡米し、74年スタン・ゲッツ・グループ75年~76年アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのレギュラーベーシストとして活躍。同時にクラシック作曲法を学び、ジャズのフィーリング、クラシックの素養、日本人としての感性をミックスさせた独自の世界を築く。 

85
年帰国後、自己のグループMATSURIを結成し再び日本を舞台に活動を開始。

93
年にEAST BOUNCEを結成、同グループ初アルバム「Kisses on the Wind」をリリース。その中の「Somewhere I Never Travelled」がニューヨークのCD101.9FMで頻繁にON AIRされたことで「BEST OF EAST BOUNCE」が全米発売される。

2002
年にEAST BOUNCEを解散と同時に新グループBASS TALKを結成、新たな音世界に挑戦し続け、200410月には「MOON AND BREEZE」を発表。11月には草月ホールでその発売記念及びデビュー35周年記念コンサートを開催。

2005
6月にはBASS TALKEU公演を行い、エストニアNUMME JAZZ FESTIVAL出演を始め、スウェーデン・ラトビア等2週間に渡ってのツアーを行い好評を博す。

2007
年新たに伊藤潔、タモリ、五野洋と共に「ONE」レーベルを発足させ意欲的にCD制作に取り組む。6月に海野雅威(p)フィーチャーのCDFOR YOU」、12月にはBASS TALKの新譜「Love Letter」を発売。 

200
8年3月には草月ホールでBASS TALKの集大成としてのコンサートを開き、全国65ヶ所に及ぶ「Love Letter」プロモーションツアーを行った。

2009
10月にはベーシストデビュー40周年を記念して ケイ・赤城、秋吉敏子、小曽根真、イサオササキ,野力奏一、山本剛という6人のピアニストとのDUOCDMy Dear Pianists」をリリース。 

2010
1月に南里文雄賞を受賞、2月には紀尾井ホールでコンサートを開く。 

SWING JOURNAL誌「日本ジャズメン読者人気投票」では数年にわたりBASS部門の1位に輝く。‘チンさん’のニックネームでファンから親しまれ、日本ジャズ界のリーダー的存在である

 

 

 

ハクエイ・キム / HAKUEI KIM (pianist/composer)

韓国人の父と日韓ハーフの母のもと、京都市に生まれる。
5
歳の頃からピアノを始める。

高校在学中にエマーソン・レイク・アンド・パーマーなどに影響を受けロック・バンドを始め、94YAMAHA主催「ティーンズミュージックフェスティバル札幌」において、”ベストキーボーディスト”を受賞。

高校卒業後、オーストラリアへ渡り、シドニー大学音楽院(Sydney Conservatorium of Music, the University of Sydney)に入学。
在学中はECMレーベル等に作品を発表しているオーストラリアを代表する名ピアニスト、マイク・ノックに4年間師事し、氏の音楽観に多大な影響を受ける。

2005年、11年に渡る滞在後帰国。同年5月にDIWよりデビュー・アルバム『Open the Green Door』を発表し、国内のみならず、フランスのジャズ誌『JAZZMAN』で4つ星の高評価を受ける.

“正真正銘の「新星」がリーダーを務めたファースト・アルバム豊富なリズムのアイデアや、ダイナミクスと空白をプレイして動きと浮遊 を交替させる身軽さは、ジャッキー・テラソンやスティーヴン・スコットの登場時を思い出させる。この若者は比類なき才能と、例外的に授けられた音楽の素 質を持ち合わせている”(Alex Dutilh – JAZZMAN200512月号)

2009年にピアノ・トリオ Trisonique(トライソニーク)を杉本智和(b) 、大槻”KALTA”英宣(ds)と共に結成。

20108月には、「SADAO with Young Lions」の一員としてサックス奏者、渡辺貞夫のツアー・グループに抜擢される。

20111月、ユニバーサル ミュージック ジャパンの新レーベル「area azzurra(アレア・アズーラ)」の第1弾アーティスト/作品として『トライソニーク』でメジャー・デビューを果たす。
タイトル曲はテレビ東京系列全国ネット『美の巨人たち』のエンディング曲に採用された。
同盤は国内外で評価を受け5月には”香港サマー・ジャズ・フェスティヴァル”に 出演。

201112月、自身初となるソロ・ピアノ・アルバム『ブレイク・ジ・アイス』を日本と韓国でリリース。20122月にはDVD『ソロ・コンサーツ』をリリースした。

自身のプロジェクト以外でも精力的に活動の幅を広げ、201112月にはクリスタル・ケイのシングル『Superman – Piano ver.』にアレンジとピアノを担当。

2014年には綾戸智恵のアルバム『Picture in a frame』に参加。

2012年には日韓合作の映画『道~白磁の人』(高橋伴明監督作品)のエンディング・テーマの作曲と演奏を担当。同映画は日韓両国で公開された。

2013710日にトライソニークとして初めてエレクトリック・サウンドを採用した『ボーダレス・アワー』を発表する。

2015年に11月には韓国の伝統音楽家、ミン・ヨンチ率いる 『新韓楽』とハクエイ・キム率いる『トライソニーク』によるコラボレーション・アルバム HANA』をジャズの名門『Verve』(ヴァーヴ) より発表する。


開始時間 19時30分
予約締切時間 2018-1-24 0:00

ご予約はこちら

LIVE

 


開場 18:30 ~ / 開演 20:00 ~

会場:キーストンクラブ東京

MUSIC CHARGE:予約¥4,500 / 当日¥5,000 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願い致しております。



MEMBER

Piano / 菅野邦彦
Drums / 佐々木豊
Bass / 小林陽一
Vocal / 森郁

 


開始時間 20時00分
予約締切時間 2018-1-25 0:30

ご予約はこちら

LIVE

 
開場 18:30 ~ / 開演 19:30 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,500 / 当日¥4,000 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 

MEMBER

ピアノ&ボーカル  加納 洋

ギター      片桐 幸男

ベース       藤岡 敏則

キーボード     田口 眞

ドラムス      有泉 一

 

 

加納 洋(Yo Kano) 

ピアニスト、ボーカリスト、作・編曲家。在ニューヨーク。

 

13歳からプロのトランペッターとして活動。19歳で失明するが、ピアニスト、ボーカリスト、作・編曲家として演奏活動を始める。1982年にポリドールレコードと契約。同年、奨学金を得てニューヨークに留学。ジャズピアニストとして著名なランス・ヘイワード氏に師事。以後、演奏活動の拠点をニューヨークに移す。1985年、ロックグループ「カンガルー」に自作の曲「ナイト・イン・ニューヨーク」を提供してヒット。1987年、キングレコードからデビッド・マシューズプロデュースによるアルバム「マンハッタン・アイランド」を発売。1988年、ジャズハーモニカ奏者ウイリアム・ギャリソンの初アルバム「オーバージョイド」に曲を提供。1991年、米国連邦政府と国連の共催による「第1回世界テクノロジー会議」のテーマソングを作曲、演奏。1995年、国連50周年記念イベントのための楽曲「Now is the Time」をリリース。1999年、バンコックでタイ国国王誕生日記念コンサートに出演。アルバムに「YO!」「SUKIYAKI」などがある。現在もニューヨークを拠点にアジア、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア各地で演奏活動を行っている。

 

加納洋ホームページ www.yokano.com

 
 


開始時間 19時30分
予約締切時間 2018-1-26 0:00

ご予約はこちら

LIVE

   

開場 12:00~ /開演  13:30~

 

会場:キーストンクラブ東京

 

MUSIC CHARGE:予約/当日¥4,500

※お一人様、2オーダー以上のご注文をお願い致しております。

※本イベントのテーブルチャージは全席¥500となります。(VIP席、ノーマル席、カウンター席)

 

 

『SALON de 青い部屋 』

支配人:NERO

ミュージックプロデュース:中上香代子(pf)

 

ソロライブ

美月ゆう

 


開始時間 13時30分
予約締切時間 2018-1-26 18:00

ご予約はこちら

LIVE

 
開場 18:30 ~ / 開演 20:00 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,500 / 当日¥4,000 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 
MEMBER

Kuny Hachimine (V) 

Walter Rivas ( P&V)

Miguel Segura (B)

Joan D Lapera (Perc) 

 
 


開始時間 20時00分
予約締切時間 2018-1-27 0:30

ご予約はこちら

LIVE

 
開場 16:30 ~ / 開演 17:30 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥3,500 / 当日¥4,000 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 
MEMBER
伊藤芳輝/gt  平松加奈/vn 吉見征樹/tabla  箭島裕治/ba
 
 

 

 


開始時間 17時30分
予約締切時間 2018-1-27 22:00

ご予約はこちら

LIVE

 
開場 18:30 ~ / 開演 19:30 ~
 
会場:キーストンクラブ東京
 
MUSIC CHARGE:予約¥4,000 / 当日¥4,320 
※お一人様、1ドリンク以上のご注文をお願いしております。
 

MEMBER
Naoko Ichiizumi/vo 
Yuka Ueda/vo 
Koji Kamimura/pf 
Hiroshi Isogawa/b

Manabu Tsuzaki/ds

 
 


開始時間 19時30分
予約締切時間 2018-1-29 0:00

ご予約はこちら

前のイベント 次のイベント